こんにちは。

千葉県鎌ケ谷市の行政書士「河田将人」です。

この度、政府より事業者向けの新型コロナ給付金「持続化給付金」の詳細が発表されました。

給付額は中小企業は上限2,000,000円、個人事業主は上限1,000,000円です。

この金額が妥当かどうかの意見は分かれるところではありますが、売り上げの減少で苦しんでいる方々にとっては事業を続ける助けになります。

要件に当てはまる可能性のある方々は、是非とも申請し事業を継続していきましょう。

◆要件1

法人の場合

資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。

資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。

◆要件2

2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること。

◆要件3

2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月が存在すること。

※2019年1月から12月までの間に法人を設立した場合は特例があります。

◆必要書類

・確定申告書類

・2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等

・通帳の写し

・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等) ※個人事業者のみ

◆申請サポート

河田行政書士事務所では、事業者向けの新型コロナ給付金「持続化給付金」の申請をサポートいたします。

サポート費用は給付金額の2%+消費税とさせていただきます。

例1:給付金額500,000円の場合 サポート費用:11,000円

例2:給付金額1,000,000円の場合 サポート費用:22,000円

※サポート費用が11,000円未満の場合は、11,000円とさせていただきます。

このような趣旨の給付金ですので費用を請求するのは大変心苦しいのですが、ご理解の程よろしくお願い致します。

また、各都道府県・市町村独自の給付金や助成金・補助金などがございますのでお問合せ下さい。